知名度はナンバー1

man using medicines

1998年、アメリカが誇る製薬メーカーのひとつ、ファイザー社はある薬を新しく世に問いました。ED(勃起不全)を解消する効果がある経口薬、バイアグラです。
EDは、ある原因で性行為中に勃起ができなかったり、できても途中で駄目になる「中折れ」が起きたりしてしまう男性特有の下半身の不具合です。バイアグラは、薬を飲むことで中折れせずに最後までイケるイキイキとした勃起をサポートしてくれます。
「Viagra」という名称は、「イキイキしている」という状態を意味する「Vital」と、轟音を立てる瀑布、ナイアガラの滝を意味する「Niagara」という単語を組み合わせたものである、といわれています。バイアグラはまさしく、イキイキとしたナイアガラの滝のような激しい勃起を可能にする薬だということです。

1998年以前には打つ手がなかったEDは、この薬の登場によって解消できるモノとなりました。男性はもちろん、パートナーが勃起しないことを自分のせいかもしれないと考えていた女性にとっても、バイアグラは歓迎すべき薬となったのでした。1999年には、異例の早さで日本でも認可されています。日本の薬に関する法律は厳しく、外国では当たり前に使われていても認可されていない薬が多数あるのですが、バイアグラは驚異的なスピードで認可が下りているのです。それだけ、この薬に対する期待値が高かったこと、世にこの薬を求める人の数が多かったことを思わせます。

ED治療薬はその後、さまざまな製薬メーカーによって新薬が開発、販売されてきました。バイアグラよりも効果が長く続く薬も登場しました。
しかし今なお、「EDといえばバイアグラ」と言われるほど、知名度という点ではナンバー1の地位を確立しているのです。